【大切なお知らせ】

 青ヶ島還住太鼓のWEBサイトをご覧いただきありがとうございます。今回、現在の青ヶ島の状況をふまえメッセージを寄せました。  

 はじめて島に関心を抱いた多くの皆様にとって、東京の島々をはじめ「離島」は一度は訪ねてみたいおもしろそうな観光地かもしれません。しかし、皆様が普段生活されている地元がそうであるように、島は島民にとってはかけがえのない日常生活の場であり、特に青ヶ島のような小さな島では島そのものがわたしたちの家です。だから、来島される方々にはどこかもの珍しい場所に行くつもりではなく、誰かの『家』を訪ねるつもりで、島への旅を考えてもらいたいとおもっています。

 新型コロナウイルスが未だ終息をみないなかGoToキャンペーンなど観光促進の施策が始まり、いまは全国的に人の移動も規制はされておりません、、しかし、離島に足を運ばれる皆様には「島」という地域の暮らしについて、交通手段や医療体制が十分でないこと、小さなコミュニティの生活・人間関係など、なかなか想像できないかもしれませんが、今一度想いを巡らせていただけたらとおもっています。
 わたしたち島民も、仕事で来る方も、観光で来る方も、みんなが「この島=家」に暮らすひとりとして、自分の大切な人に向ける当たり前の節度を持って、いま青ヶ島が置かれている状況を見つめなおし、島の暮らしや人と人のコミュニケーションがどうやったら豊かなものにできるのか考えて取り組んでいく必要があると切に感じています。

 人口減少、過疎化から2022年には中学校閉校の危機を迎えている青ヶ島のコミュニティは、人と人の出会いやコミュニケーションを断たれる感染症の脅威の中で、地域の未来を創っていけるのか本当に正念場を迎えています。

 誰かにとって人生に1度は訪れてみたいもの珍しい島ではなく、誰でも豊かな人生を築いて行ける島であってほしいというのが、この島の郷土文化の担い手としてのわたしの想いです。何かのご縁でこの青ヶ島へ向かうすべてのみなさまに、一緒に考えていっていただけたらと願っています。
                                                                                                                                                                            青ヶ島還住太鼓 代表 荒井智史

アジアをリズムで解きほぐす     Unravel Asia with Rhythm   

海を越えてつながる芸能の輪 韓国~八戸~青ヶ島

 昨年12月に青ヶ島で開催した『伝統芸能を通じた国際文化交流プログラム』では、韓国伝統芸能「農楽」伝承者のイム・スンファン氏、チェ・ジェチョル氏と共に本当に豊かで充実した芸能交流体験と素晴らしい共同創作を実現できました。お互い交流の発展を誓い合い今年もプロジェクトの継続を進めるなかで、想像だにしなかったコロナ禍をむかえてしまいました。さまざまな困難に阻まれるなか、チェ・ジェチョル氏の働きかけのもと相談・検討を重ねて、夏に青ヶ島・八戸・大阪・韓国を繋ぐ日韓オンライン芸能交流を実現することができました。

​活動の成果は「アジアをリズムで解きほぐす」特集ページ、民俗芸能ポータルサイト仔鹿ネットで公開されています!!

 

 

 

 

 

 



                                                                                                                                                                            

hikaru.jpg
kojica.jpg

© 青ヶ島還住太鼓 2020